任意整理とローンについての質問集~プロが丁寧にお答えします~

任意整理とローンについての質問集~プロが丁寧にお答えします~

任意整理とローンについての質問集~プロが丁寧にお答えします~

任意整理はほかの債務整理にはない特徴があります。そのために、ローンは任意整理が適していると考える人もいるようです。しかし、特徴があることと優れていることとは異なります。特徴をうまく生かせば有利に進めることができるでしょうが、必ずしもそうではありません。ですから、ローンの整理方法として任意整理ができているのかどうかは総合的に判断していかなければなりません。

ローンの金額だけを見れば、ほかの債務整理方法よりも不利になることが多いです。なぜなら、金融業者は任意整理に応じる必要がないからです。たとえば、民事再生をした場合と同じような条件であれば、金融業者は拒否するはずです。応じるメリットがないからです。自己破産をする場合と大して違いがなければ、やはり拒否するわけです。

金融業者が任意整理に応じてくれる理由は、金融業者にとってメリットがあるからです。自己破産されてしまうよりは応じたほうがよいと判断したときにのみ応じてくれます。金融業者側にメリットがあれば、整理する人にとっては不利になる場合が多いです。

それにもかかわらず任意整理を行う理由を明確にしておくことは必要です。たとえば、保証人を設定している場合に、保証人に迷惑をかけたくないというのなら、そのような交渉ができる任意整理を選ぶべきでしょう。しかし、この場合でも交渉を成立させるためには譲歩しなければならない部分もありますから、ほかの面は不利になることもあります。